お料理について

お料理について
伊根の魚を知り尽くした料理人の贅をこらした旬味を…
舟屋の里、伊根。
いにしえより海とともに生きてきた町。
人々は舟屋と呼ばれる住居と船揚場を兼ねた建屋を生み出し、海ととても近い場所で暮らしてきました。
それは、豊かな海の幸に恵まれていた証でもあります。
その時期、いちばん美味しい魚はなにかどう料理し、何と合わせたら、さらなる美味に辿り着くのか・・・・
伊根の魚を知り尽くした料理人の贅をこらした旬味をお召しあがりください。
伊根ブリ

伊根ブリ

伊根湾は暖流と寒流が交差する複雑な潮の海域。そこで育つ伊根ブリは、脂が乗っており、日本三大ブリ漁場のひとつに数えられ、特に伊根の寒ブリは、富山県 氷見の寒ブリと並ぶ最高級のブリの産地。
油屋のおすすめはやはりなんといってもブリしゃぶ。適度に脂を落とすことにより、さっぱり感と旨みが絶妙なバランスで混じりあいます。当館で「伊根ぶり」の魅力を是非ご堪能ください。
松葉蟹

松葉蟹

日本海の冬の味覚といえばやはり蟹。
毎年11月に漁が解禁され、翌年3月までの期間限定の味です。
焼き・茹で・刺し身・そして雑炊まで…冬ならではのフルコースを是非油屋で。
岩牡蠣

岩牡蠣

春から夏にかけてが旬の岩牡蠣。冬が旬の真牡蠣とくらべて、漁獲量が極端に少ない貴重品。
「海のミルク」と言われる牡蠣ですが、岩ガキは中でもミネラル栄養分も豊富。
その濃厚で豊かな味を一度ご賞味ください。
油屋の朝食

油屋の朝食

ご宿泊のお客様への朝食は炊きたてのご飯、お味噌汁、季節の干物、卵に香の物…やさしい「和の朝食」をご用意いたします。

◆ご飯は、丹後産コシヒカリの土鍋炊き(丹後産コシヒカリは、食味ランクで新潟魚沼産コシヒカリと同評価の特Aランクです)
◆干物は、アジやカレイなど、季節その時々の地物一夜干しを。
◆卵や野菜も新鮮さにこだわり、地元産を使用しています。