TEL:0772-32-0972受付時間/10:00~19:00

宿泊予約

宿泊日

宿泊数
宿泊人数/一部屋
大人 名様
部屋数/合計
部屋

油屋3つの魅力

魅力1

丹後・奥伊根温泉

自慢の宿のすぐそばから汲み上げているお肌に優しい弱アルカリ性(PH8.80)の天然温泉と眼下に広がる海の眺めは心と体を癒します。

詳細はこちら

魅力2

伊根の新鮮な魚料理

伊根湾で水揚げされた新鮮な魚を使って職人が丁寧に調理してまいります。鰤や蟹、河豚など四季折々の旬の魚はおすすめ食材が豊富にあります。

詳細はこちら

魅力3

ノスタルジックな海街、船屋

「伊根の舟屋」を間近に感じ海辺の散策ができます。
ゆったりと時が流れる街で心も身体も癒されてはいかがでしょう。
※当館から伊根の舟屋まではお車で約8分です。

詳細はこちら

最新情報

思わずコレクションしたくなるご当地キャンディ

◆思わずコレクションしたくなるご当地キャンディ new

販売以来、好評の「伊根の舟屋キャンディ」。
可愛い舟屋がデザインされたキャンディには、海の京都の琴引浜の塩に丹後ちりめんのリボンがあしらわれています。
熱中症対策はもちろん、デスクやテレワークの癒しにいかがですか。

舟屋キャンディは、油屋グループ各店舗(油屋本館、別館和亭、レストラン舟屋、ラウンジFUNAYA、舟屋食堂、伊根の舟屋 雅等)にて、販売しております。

◆自家堀天然温泉 奥伊根温泉 油屋本館
https://www.ine-aburaya.com/
まるで日本海の荒波が造り出した彫刻「のろせ海岸」

◆まるで日本海の荒波が造り出した彫刻「のろせ海岸」 new

\旅で日本に元気を!安全に旅行を楽しもう/

まるで日本海の荒波が造り出した彫刻「のろせ海岸」
伊根から新井崎を抜けて泊への、とても風光明媚な海岸線です。
同じ丹後半島の「カマヤ海岸」は国道ですが、こちらは町道で通る車も少なく、穴場の絶景スポットといえます。
沖合には天然記念鳥の生息地として有名な沖の島(冠島・沓島)が浮かびます。

◆自家堀天然温泉 奥伊根温泉 油屋本館
https://www.ine-aburaya.com/

感染症対策を強化し営業しております。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
◆伊根のブランド岩ガキ「夏珠」

◆伊根のブランド岩ガキ「夏珠」

今シーズンからブランド名が命名され「夏珠(なつみ)」として出荷されています。
その美味しさは、伊根町の美しい自然に感謝し、最高の岩牡蠣を真摯に追求する生産者さんの姿勢から生まれています。

今日はオイスターマイスターとして岩ガキのうんちくを大いに語らせていただきます!

岩ガキは日本固有種で、学名はCrassostrea nippona。
日本人の理想といえば、大きくて濃厚な岩ガキで、市場でも高値で取引されています。
マガキは「海のミルク」と呼ばれ、岩ガキは味が濃厚ってことで「海のチーズ」と多くの方が表現されます。
近年は、全国各地で量産可能なマガキも、最近は岩ガキのように大きくて太った状態に近づけようとする傾向にありますね♪
日本の牡蠣の輸出はほぼゼロなので、海外の人たちにはあまり知られていません。
外国の方に岩ガキを食べられて「これはフォアグラか?」という逸話もあります(笑)
ミルクたっぷりで濃厚ですが、産卵が終わるとそうでもありません。岩ガキは殻をつくる名人なので、デカくても牡蠣の身入りは小さくほとんど殻なこともありますので要注意です!
良い岩ガキとは、安心安全な海域で育ち(栄養豊富な清浄海域)、殻に身が詰まっていて(殻に対して身入りがいい)、貝柱が太く、グリコーゲン豊富で(クリーミー)、味が濃厚なことがあげられます。
まさに伊根町は岩ガキにとって最高の聖地(場所)ってことですね♪

◆自家堀天然温泉 奥伊根温泉 油屋本館
https://www.ine-aburaya.com/
内湾に舟屋が並ぶ日本のヴェネチア「伊根の舟屋」

◆内湾に舟屋が並ぶ日本のヴェネチア「伊根の舟屋」 new

\旅で日本に元気を!安全に旅行を楽しもう/

内湾に舟屋が並ぶ日本のヴェネチア「伊根の舟屋」
初めて見ても懐かしい舟屋と呼ばれる民家が立ち並ぶ伊根の海景色は、ここでしか見られない貴重なもの。
ノスタルジックな湾沿いに続く道をのんびり散歩しながら、港町の暮らしをのぞいてみよう。

◆自家堀天然温泉 奥伊根温泉 油屋本館
https://www.ine-aburaya.com/

感染症対策を強化し営業しております。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
◆この時季にしか食せない「丹後とり貝」

◆この時季にしか食せない「丹後とり貝」 new

一般的なとり貝に比べ肉厚な身の「丹後とり貝」は、プリップリの食感が魅力。
しっかりとした歯応えがありながら、硬くはない絶妙な弾力、そして味の特徴はなんといってもその甘み。
噛めば噛むほど貝そのものの甘さと香りを感じることができ、濃厚な風味はまさに王者の風格です。
続きは当館で・・・

感染症対策を強化し営業しております。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

すべての記事を見る

アクセス

詳細はこちら